So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

会津駒ケ岳~中門岳 2019.07.30ー31 [尾瀬]

書かなくてはいけないことも多くないのですが、それでも更新が大幅に遅れています
最新の分から更新です
それでも1か月過ぎてしまいました(^^;

30日早朝に檜枝岐村グラウンド脇の駐車場に入って、路線バスの時間まで仮眠
6時30分のバスで、滝沢登山口バス停からキリンテバス停に移動


↓ キリンテ登山口
M12A1153.jpg

↓ 樹林帯の道を黙々と登ってゆきます
檜枝岐の集落から会津駒の尾根を越えるのは、滝沢登山口からの道ではなくこちらの大津岐峠越えの道だったそうで、くねりながら緩やかに高度を稼いでいきます
M12A1154 (2).jpg
M12A1156 (2).jpg
M12A1161 (2).jpg
M12A1171 (2).jpg
M12A1172 (2).jpg

↓ 緩やから登りですが、ヘロヘロになって大津岐峠へ到着
以下は大津岐峠から会津駒ケ岳駒の小屋までの冨士見林道での写真です
M12A1173 (2).jpg
M12A1175 (2).jpg
M12A1181 (2).jpg
M12A1183 (2).jpg
M12A1188 (2).jpg
M12A1207.jpg
M12A1216.jpg
M12A1224.jpg
M12A1229.jpg
M12A1238.jpg

↓ 駒の小屋に着いた時には、まだ山頂も見えていたのですが、ガスがだんだんとわいてきました
少々の夕立もあり、小屋の玄関には「てるてる坊主クン」も登場です
M12A1241.jpg
M12A1247.jpg


↓ 展望も得られないので、駒山頂及び中門岳は31日にお預け
30日はのんびりとしてしまいました。31日も稜線歩き中は、基本ガスですが、時折青空も見える程度でした
M12A1268.jpg
M12A1260.jpg
M12A1262.jpg
M12A1256.jpg
M12A1253.jpg

↓ 中門池のベンチも修理されていましたが、なんだか位置が悪いように思います
標識を撮ろうと思うと、ベンチに休憩している人が入ってしまいます
以前の位置に移す事はできないのでしょうか?
奥の池塘ループや手前にも休憩ベンチが新設されていました
M12A1305.jpg
M12A1316.jpg
M12A1299.jpg
M12A1297.jpg
M12A1296.jpg

無事下山した後は、アルザ尾瀬の郷で温泉&お蕎麦で会津駒を締めてきました
国道沿いにヤナギランが咲いていたので、1枚
今年も尾瀬沼のヤナギランには、会いに行けなかったのでこれが今年のヤナギランになってしまいました
M12A1388.jpg












nice!(6)  コメント(0) 

尾瀬沼から尾瀬ヶ原へ テント2泊の旅 2019.6.1~3(2) [尾瀬]

次の尾瀬入りも早くしたいのに、未だにブログが終わっていませんw
取り合えず、写真のアップだけでも急ぎたいと思います


↓ 今年初めて見る尾瀬沼の姿
M12A0116.JPG

M12A0124.JPG

↓ さざ波が立ち、残念ながら逆さ燧はお預けとなりました
M12A0127.jpg

↓ 今年初のリュウキンカとミズバショウ まさに早春を代表する尾瀬の花ですね
M12A0176.jpg
M12A0159.jpg

↓ テント場すぐの残雪に埋まっていました
ゴミかな?と思ったのですが、よく見ると開封してありません
冷やしていただけのようですが、ここに直接はちょっと抵抗がありますw
M12A0170.jpg

↓ 夕焼けは期待できそうもない曇り空ですが、雨に降られる恐れもなさそうです
夕食前に、大江湿原やかまっぽり田代を散策してみますM12A0177.jpg
M12A0175.jpg
M12A0186.jpg
M12A0184.jpg

M12A0206.jpg
M12A0192.jpg

↓ 深夜12時過ぎて、ようやく起きだし何枚ケ所かで撮影してみました
これは、かまっぽり田代から燧ケ岳方面にカメラを向けたものです。星座に疎い私でも北斗七星は。わかります^_^;
M12A0231.jpg

↓ 朝もやに包まれる三本カラマツ
M12A0248.jpg
M12A0263.jpg

↓ 沼尻の休憩所は、前日に今年のオープンを行ったばかりで品揃えが少なかったため、スナック菓子でちょっと休憩です
M12A0294.jpg
M12A0302.jpg

↓ 白砂峠手前、蕎麦屋跡辺りから残雪が出てきました
M12A0306.jpg
M12A0315.jpg
M12A0316.jpg
M12A0320.jpg

↓ 見晴手前の木道上に…
熊でなくて良かった(^^;
M12A0350.jpg


M12A0357.jpg
nice!(12)  コメント(2) 

尾瀬沼から尾瀬ヶ原へ テント2泊の旅 2019.6.1~3(1) [尾瀬]

大清水12:15着

時間短縮に一ノ瀬までバスを利用しようと考えていたけれど、開始が6月15日なので断念、旧道の会津沼田街道の遊歩道沿いに歩いて行くことに

雪は、三平見晴らしまで全くなくなっていますが、森に入ると木道が見え隠れする程度に残っていますが、例年より少ないかな


M12A0061.JPGM12A0062.JPGM12A0064.JPGM12A0066.JPGM12A0087.JPG

↓ 一ノ瀬登山口 ここから登り始めます
M12A0093.JPG


↓ タムシバ
M12A0095.JPG


↓ オカメノキ
M12A0096.JPG

↓ ズダヤクシュ まだ咲き始めです
M12A0102.JPG

↓ ムラサキヤシオ
M12A0106.JPG
M12A0109.JPG

↓ 残雪はこの程度、今年は踏み抜きをしませんでした(^^;
M12A0114.JPG
M12A0109.JPG

↓ 三平峠の案内板も下までには出ています
M12A0115.JPG


nice!(9)  コメント(1) 

2019の尾瀬シーズンスタート [尾瀬]

M12A1225.JPG

2019年初尾瀬に行ってきました(至仏山だけですが)
去年はFacebookばかりやっていましたが、スマホを持たない知人もいるのでパソコンでも見やすいブログをもう少し活発に更新していきます(願望((笑))

↓ 至仏山登山準備をする皆さんと鳩待峠休憩所
M12A1021.JPG
M12A1023.JPG


↓ 尾瀬ケ原の看板も雪から保護されて、春を待っています
M12A1025.JPG


↓ 登り始めてすぐに、至仏山が見えます。コース取りと樹木がまだまだ春以降と違うことを教えてくれます
M12A1029.JPG


↓ ほどなく、真っ白い尾瀬ケそして燧ヶ岳が姿を現してくれました
M12A1052.JPG


↓ オヤマ沢田代辺り
M12A1105.JPG


↓ ピークが大きくなってきました。やっと至仏山
ではなく、手前の小至仏山です
スタート時間が遅かったので、オヤマ沢田代か小至仏山まで思っていましたが、時間に余裕がありそうなのでこのまま進みます
M12A1138.JPG


↓ このコースで一番いやらしい小至仏山のトラバースです
ここの一部と至仏山ー小至仏山の鞍部の雪が、腐っていました。歩きにくい
M12A1148.JPG
M12A1178.JPG


↓ 今度は本当の至仏山頂です
ほとんど、東面登山からの登山なのでこちからの山頂は新鮮です
M12A1207.JPG


↓ 山頂は、大勢の人で大賑わい
スキーヤーかボーダーがほとんどかと思っていましたが、登山目的の人も多かったのが印象的でした
M12A1222.JPG

M12A1226.JPG

M12A1231.JPG

最後までご覧いただきありがとうございました
nice!(4)  コメント(0) 

探し出すのが一苦労 [尾瀬]

高尾山でも、里山でも早春に目につきやすいのがニリンソウソウです。
その様な中、ミドリニリンソウというのがあります
これが気がつき難い、私のようなヘボ写真愛好家には、なおさらです
葉と萼片が同じ色で区別し難いのです

6月2日 尾瀬ヶ原 山の鼻にて
一つは、白と緑のハーフ
もう一つは完全な緑ですが、どちらも花期のピーク過ぎでしょうか?
トガクシショウマも見られませんでしたし、来年こそ適期に訪れたいものです

DSC01103.jpg
DSC01099.jpg
nice!(13)  コメント(2) 
前の5件 | -